ナスは照れ屋で、トマトはそれを分かってる上で、
手つなぎたいって言ってくる(そしてナスは恥ずかしくてこれが限界)